英語が話せるようになるための学習方法

誰でも一度は英語が話せるようになりたいと思ったことがあるでしょう。実際、英語を学ぶ人の多くは、英語が話せるようになりたいと思っていると思います。しかし、英会話を勉強する人が激増した割には、英語が話せる人はあまり多くはありません。片言レベルならいると思いますが、英語で議論することも可能な実用的な英会話能力という点でいうと、皆無に近い状態だと思います。

いったいどうしたら英語が話せるようになるのか。英語が話せる様になるには、英会話スクールに通い続ける必要があるのかなぁ、とか、やはり留学しないとだめなのかなぁ、とか、いろいろお考えになっている人が多いのではないでしょうか?残念ながら、答えはどちらでもありません。

私の経歴を見ると、米国で留学した経歴があるので、アメリカ留学で英語が話せるようになったと思う人もいるかもしれませんが、留学する前から英米人並みの英会話能力があったので、留学など関係ありません。米国に行けば分かりますが、留学して英語が話せるようになる人なんていないと言っても過言ではありません。

では、私は英会話スクールで英会話を学んだ経験があるかと言えば、それもありません。米国にいた頃、他の国から来ている留学生から、「どうやってそんなに英語が上手に話せるようになったのか?」と言う様な質問を受けたことがあります。奇妙なもので、日本人の留学生というのは、そう言う事を聞いてきません。不思議ですね。

「学校で覚えました。」

「そんなことはあり得ない。」

「英語の学習用のテープを聞きました。」 ※昔はCDではなく、カセットテープだったので。

「ほぉ!なるほど!」

実のところ、英語のテープ教材を聞いたところで、英語が話せるようになるわけありません。決してまねしないようにしてください。上の会話は半分冗談ですから。

人は本当によくだまされます。確かに、当時、カセットテープなどの英語の録音教材の利用は、よく使われていた方法で、宣伝も盛んでしたから、英語のカセットで英語が話せるようになるという情報が多くの人の頭の中にすり込まれていたと思います。

人間というのは、すり込まれている通りに話をすると、簡単に信じ込んでしまう様です。すり込まれていることと逆のことを言うと、絶対に信じないものです。

最近の人でよく見かけるのは、「英語を話す訓練をすれば、英語が話せるようになる」と言うものです。「英語を話せば、英語が話せるようになる。」だから、「英語を話す機会をもたないといけない」という論理になっている様です。その英語を話す機会を求めて、英会話スクールに行ったり、最近ではインターネットで英語を話す練習をする人までいるらしいです。

私の学歴を見ると、東京外国語大学の外国語学部の英米語学科と言うところを卒業していますので、きっと東京外国語大学の英米科の英会話の授業で英語をしゃべりまくって、英語が話せるようになったに違いないと思う人もいるでしょう。

大学の英会話の授業というのは、大人数で行われますから、グループに分かれて、指定された話題について英語で話をするという活動がよく行われていて、それは私が在学していた当時の東京外国語大学でも同じでした。それで、私はというと、グループに分かれて、他の学生と日本語でしゃべっていました。

私はいつも授業で最前列に座っていましたから、グループを作ると最前列近くの人と同じグループになるわけですが、教室で前の方に座っている学生というのは、そもそも、英語ができるのです。英語を話す練習をしろと言われても、馬鹿馬鹿しくてやっていられないので、みんな日本語で関係のないことをしゃべっていました。もちろん、先生が来ると、英語に切り替わっていました。

たぶん、教室で真ん中とか後ろの方の座席に座っていた様な学生は、英語が苦手な学生だと思うので、必死になって英語を話していたのではないかと思います。しかし、それで英語が話せるようになったかというと、それはありません。

「最初から英語のできる人はいいな」と思う人がいるかもしれませんが、最初から英語のできる人なんていません。みんな努力してできるようになったのです。それも、気違い以外にはできないぐらいのものすごい努力をして英語ができるようになったのです。しかも、ただ単にものすごい努力をしたという違いだけでなく、正しい学習方法を実践し続けたというところも違うのです。

それで本題である「英語はどうしたら話せるようになるか」ですが、「英語は話す練習をしても、話せるようになりません。」このことがまず大切なところです。ほとんどの人にとって、これは宣伝などで頭に刷り込まれたことと全く逆なので信じがたいでしょう。しかし、これが真実です。たぶん英語ができる人に聞くと、みんな同じことを言うと思います。

この真実が信じられない人には、「無口な日本人は日本語が話せませんか?」と聞いてみたいと思います。無口でも話せるでしょう。それと同じです。

実際の英語学習では、いろいろな学習活動を行いますから、どれが英語を話す能力に結びつくのかはあまりはっきりしません。しかし、英語の意味を正しく、直接的に理解する学習を積み重ねていくと、自然に英語が話せるようになるのです。

まあ、簡単に言えば、直接教授法で学べば話せるようになるということなのです。その際に、話す練習はなくても全然かまいません。話す練習は、全然ないよりも、少しはあった方がいいかもしれないというぐらいです。

こんな事は昔からわかり切っていたことですが、世間の人は知らない人が多いみたいです。専門家ならみんな知っていることであり、私が変わったことを言っているわけではありません。

難しいのは、「意味を正しく、直接的に理解する」と言うことなのです。ソフィア外語学院に来る意味というのは、これをきちんとやってもらえるということです。もちろん、気違いレベルの努力をすれば、自分でやれなくもないのですが、ソフィア外語学院の授業を受けた場合の5倍から10倍の時間がかかると思います。よく考えてみると、もっとかかるかもしれません。

ソフィア外語学院で学ぶかどうかは、お金を払わずに、歩いて名古屋から東京に行くのと、新幹線で名古屋から東京に行くのとどちらがいいかというのと同じ問題です。歩いてい行きたい人は、歩いて行けばいいです。しかし、お金がかかっても新幹線で行った方がいいのではないかと私は思います。

結局、英会話スクールがだめというわけではなく、学校の選択が間違っているということになると思います。留学も、それ自体がだめというわけではなく、留学してからの英語の勉強の仕方と勉強の量に問題があるというわけです。

しかし、英語の意味を正しく、直接的に理解すると言うことが英語が話せるようになるための正しい方法だと言うことを知っている人がほとんどいないので、商売としては成り立たないと思います。これは英会話スクールでも留学でも同じです。だから、英会話スクールや留学で正しい英語の勉強ができる可能性というのはゼロに近くなってしまうわけです。そのため、英会話スクールに通ったり、留学しても英語が話せるようにならないという結果になってしまうわけです。