直接教授法で学ぶことの意味

今年、体験レッスンをやっていて、あまりにも英語の勉強について知らない人が多いことに気がついたので、簡単に書き留めておくことにしました。

英語を覚えることは簡単なことではない

前から思っていたことですが、世間の人は、英語を簡単に覚えられると思っている人が多いのには驚きです。しかも、自分の経験で「私は簡単に英語をマスターできたので、英語を覚えるのは簡単であると確信している。」と言うことではなく、外国語をまったく一カ国語もマスターしていないのに、勝手に「英語を覚えるのは簡単である。」と確信しているので、非常に驚いています。

英語に限りませんが、外国語を習得するのは非常に大変なことで、極めて困難です。日本人でも日本語をちゃんと習得して、本をすらすら読んだり、達意の文章をすらすら書いたり、雄弁に演説できるようになるのは至難の業ですが、外国語で、こういう能力を身につけると、途方もなく困難です。

だいたい、「英語で議論できるようになるだけでいいです。」と軽く言いますが、これは途方もなく難しいことです。

何の脈絡もなく・・・

This is a pen.

とか

My name is Mike.

・・・などと言うだけなら、簡単ですが、議論ともなると、相手も議論するわけです。相手の議論を理解して、自分も適切に議論を展開しないと、議論になりません。

どんな内容を議論するのでしょうか?

ニュース週刊誌のTimeやNewsweekレベルの議論だと、5万語程度の語彙力は必要になります。5万語です。普通の高校生だと、日本語でも5千語(「万」ではなく、「千」です)も知っているかどうかあやしいです。もし日本語で5万語知っているのなら、『岩波国語辞典』の大半の収録語彙は知っていることになるので、『岩波国語辞典』を引く必要性はほとんどありません。そんな国語力をお持ちでしょうか?普通、そんなレベルの国語力を持っている高校生はいません。大人でも滅多にいません。大学の教師なら、いると思いますが、それぐらいのレベルです。

英語でそういうレベルの言語能力を身につけるのは極めて困難です。英米人でも、事務系の仕事をやっているいわゆるホワイトカラーの大人で語彙力は1万5千語レベルです。その辺の肉体労働者だと、5千語もあやしいです。日本人の日本語もだいたい同じです。

東京外国語大学の英語系の学科に入るのには、語彙力が最低2万語必要だという話を聞いたことがあります。実際は、どうだか知りませんが、少なくとも数十万人の受験生のトップの30人ぐらいで、そのレベルです。数十万人中ランキング30位以内というのは、かなり大変です。もしスポーツだったら、一般人がそのレベルになるのは、絶望的でしょう。音楽や芸術でも同じです。

5万語と言うレベルは、トップの30位以内ぐらいではすみません。

外国語を学習する際に最初に目標にするレベルは2万語、最終的には5万語と言われていますが、その目標がどれぐらい高いものかこれで想像がつくと思います。英語のネイティブ・スピーカーでも5万語に達する人は、エリート中のエリートです。全米10位以内の大学や学科なら、そういう人もいますが、中ぐらいのレベルの大学や学科にはいないと思います。

お遊びやお稽古事のレベルの勉強では英語はできるようにならない

お遊びレベルの勉強で英語ができるようになると思っている人が多いのですが、お遊びレベルの英語で到達できる英語力というのは、数十個からせいぜい200語ぐらいのレベルです。お遊びレベルの英語の授業をよその英会話スクールで17年間もやっていた山下先生は、何年習っていても「誰も英語を習得できていない。」と言っていました。「こんなのでいいのか」と、そこのトップの人に詰め寄ったことがあったらしいです(笑)。

日本語でも英語でも、言葉ができるというのは、相当に勉強していないとだめです。

どれぐらい大変かというと、ピアノを覚えるとか、テニスを覚えることとは比較にならないぐらいに大変です。人類が人間について持っている知識の全てを学ぶことに比較すると、その100倍以上の時間と労力がかかります。だから、普通、狂ったように勉強しないと無理です。お遊びとかお稽古事のレベルでは、到底無理です。

大学で英語系の学科に行っても英語は覚えられない

大学の英語系の学科に行くと、英語ができるようになると思っている人が多いのですが、まったく見当違いです。そもそも、英語系の学科に行っても、英語の授業時間は、他の学科に比べて週に2時間ぐらい多いと言うだけです。最初からできる人が集まっているので、そういう学科を卒業した人にできる人が多いだけです。英語が不得意な人を得意にするような授業をやっているわけではありません。

ちょうど、その点、音楽大学や美術大学と似ています。音楽のわからない音痴な人が音大に入って、有名なピアニストやバイオリニストに成長して、卒業していく等ということはありません。絵のまったく描けなかった人が美大に入って、有名な画家になったという話も聞きません。それと同じです。そもそも、そんな事を可能にする教育システムなんて持っていません。音楽のわからない音痴な人は、その辺の音楽教室に通うのが正解です。絵の描けない人も、その辺のお絵かき教室に行くのが正解です。

不必要なことをやる暇はない

但し、いずれにせよ、道は厳しく、目標達成は困難なので、やる必要のある人だけがやればいいことで、必要性のない人は、ほどほどにするか、全然やらない方がましだと思います。必要もないことにかけ時間があるのなら、時間をかけるべき重要なことは他にいくらでもあります。この辺がわかっていない人がたくさんあります。

恐らく、他の重要なことが何なのかまるで知らないのでしょう。

たとえば、飛行機の操縦免許なんて必要ですか?いらないでしょう。だったら、無理にそんなものを取得しようとしないことです。無線機なんて使いますか?普通、使わないでしょう?だったら、無線の免許なんて取る必要はありません。それと同じです。

死ぬまでピアノを弾き続ける必要がありますか?普通、そんな必要はないでしょう?だったら、ピアノを習う必要なんてありません。死ぬまでバイオリンを弾き続ける必要がありますか?普通の人は、そんな必要はないでしょう?だったら、バイオリンを習う必要なんてありません。

必要もないことを習うなんて、よほど暇なのでしょうか?必要のあることは、放置して、必要のないことを全力で習い続けるというのは、馬鹿のやることです。

ちゃんとした実力をつけることが最優先

ろくに英語もできないのに、英語系の学科に入るというのは、ピアノが弾けないのに、音大に入ったと言うのと同じことです。確実に死にます。いらないことをやらずに、英語の勉強をしっかりしておけばいいのに、それをせずに、入試に通ったので、英語系の大学に入る人は多いのですが、そういう人は、全員確実に死亡します。

そういう人は、大学に入ってみたら、自分のレベルの英語では通用しないと言うことに気がつくと思います。振り返ると、必要もないのに、ピアノやバイオリンの練習に明け暮れていたのが、どれだけ馬鹿馬鹿しいことだったか、そのときに気がつくと思います。

もちろん、逆もあります。音大に行くのに、英語の勉強に明け暮れていたら、音大に入ってから、死ぬことは確実です。ただ、音大や美大の場合、実技試験がしっかりあるので、まるでできないのに入れる可能性が少ないです。しかし、英語の場合は、まるでできないのに入学できてしまうことが多いです。その場合が悲劇なのです。

死亡確定の流れ

実際、大半が悲劇です。英語系の学科に入って、英語ができるために、英語の道に進める人は、一流大学でも10%もいないと思います。大半は大して英語ができないので、普通の会社員になったりしています。私の大学時代の友人にも、保険の外交員になった者がいます。当時、特に英語力が高いとして、注目されていた同級生もいましたが、日本語の先生になっていました(笑)。

だんだんと厳しい評価にさらされていきますので、最初は「できる」と思われていても、そのうち、「大したことはない。」とか「できない。」という評価に落ちてしまう人が多いです。これを乗り越えられないと、本当に実力のある専門家にはなれません。

これは、英語に限らず、どの分野でも同じです。英語は大変そうなので、理系に進んで、電子工学など勉強させればいいとお考えになるかもしれません。そう考えなくても、最初からなぜか「理系だ、工学部だ」と自分の子どもの針路を勝手に決めている親に出会ったこともあります。

その理系だか工学部だかに進ませるお子さんは、電子回路の設計ができるのでしょうか?学校の理科や数学の成績がよいというだけで、そういう方向に進ませようとしていませんか?それは、英語の成績がよいから、英語系の学科に進ませて、死なせているのと同じことです。

だいたい、中学生になっても、自分でトランジスター・ラジオの設計もできないような子どもを工学部に入れようとか、どう考えても気違い沙汰です。その辺の常識を持たないとだめです。ピアノとかバイオリンで遊ばせている暇なんてないでしょう?

英語系の学科に進学して、実は大して英語ができなかったらどうなるか?保険の外交員でよければ、そういうのになればいいのですが、それでは納得できない人もいます。そういう人の中には、実際に自殺する人もいます。私が学生の時には、知っている人のうち3人が自殺しています。

そういう話を聞くと、恐ろしいので、英語はやめて、電子工学にしようと思うかもしれませんが、理系も負けず劣らずたくさん自殺しますので、残念ながら、その選択肢はありません。そういう現実があるのに、必要もないピアノの勉強をさせるのでしょうか?

本当にやりたいことで成功するには・・・

だいたい、大学で勉強したことが社会で役に立つような場合は、厳しい試練が待っているので、自分の限界を感じて自殺する人は多いです。たぶん、全然役に立たなくて、意味のないことを専門にしていれば、追い詰められることもないかもしれません。たとえば、漢文とか、西洋古典学とか・・・。こういうのは、よほどのんきな人でないとできません。しかし、食べていけなくて飢え死にしたり、路頭に迷って、自殺することはあるかもしれません。

私の場合、このように失敗するケースをいろいろ見てきたので、自分の選んだ道で成功したいのなら、必要なことをしっかり勉強することを最優先にしてほしいと思うわけです。必要なことを何も勉強せずに、横道にそれるのは、非常に愚かなことです。

大学に入ったら、英語のできない人ができるようになるとか、英語の話せない人が、話せるようになるとか、そういった根拠のない夢を見ないことが大切です。

外国に行くと自然に英語が覚えられるわけではない

英語が簡単に覚えられるという妄想は、恐らく、英語関係の業者の宣伝が原因だと思います。「一か月で英語が話せるようになる。」などと宣伝しているからですね。同じように、留学関係の業者は、「海外留学をすれば、すぐに英語が話せるようになる。」とか「すぐに英語がマスターできる。」などと宣伝していることが多いようで、これが原因なのか、海外に行くと、すぐに英語が話せるようになると思い込む人が多いです。これは海外留学した経験がある人ならわかりますが、全部うそです。

どこに行こうと、必要な学習を短縮することはできません。能率よく学習できる方法はありますが、海外留学が能率のよい学習方法とは言えません。海外「見学」にはなりますが・・・(笑)。

学生時代にアパートで隣の部屋に建設会社の会社員が住んでいて、ダムの建設の監督をするために海外に行くことになりました。何でもフランス語が話されている地域だそうで、フランス語が必要だったらしいのですが、「現地に行けば、フランス語ぐらいすぐに覚えられる」と言って、日本ではフランス語の勉強をまるでしませんでした。2年から3年ほどダム建設に従事すると言って、日本を発ったのですが、半年ほどしたら、戻ってきました。前とは、別人のように顔が変わって、げっそりした顔になっていました。たぶん、フランス語ができないために、仕事に失敗したのだと思います。ダム建設の話どころか、まるで、死人のようになっていて、何も話をしようとしませんでした。海外に行ったら、現地の言葉がすぐに覚えられるなんて言うのは、まったくうそなので、絶対に信じてはいけません。そういうことを言う人は、相当な嘘つきなので、相手をせず、近寄らないのが一番です。

直接教授法で学ぶことの意味

direct-method

仮に英語系の学科に行ったとして、英語の道で成功するには、英語が抜群にできなくてはいけません。テストで点が取れるだけの英語では意味がありません。直接教授法で英語の勉強をする意味は、英語が正真正銘にできるようになるというところにあります。テストで点が取れるかどうかと言うレベルの問題ではありません。

確かにソフィア外語学院では、センター試験で90%以上取れるようになるのは、ほぼ確実ですが、そのために英語の勉強をやっているわけではありません。

英語系の学科に行った場合に死なないため、あるいは、社会に出て、本格的に英語が必要になった場合に死なないために、ちゃんとした英語を勉強してもらっているのです。直接教授法というのは、そのための唯一の方法です。他の方法はインチキなので、相手にしない方がいいです。

効果のある教授法や教育方法は大学で学ぶ

塾とかで、「秘伝の・・・」とか言っているところはありますが、効果のある教授法や教育方法は、すべて大学の教育関係の学科で学びます。そういう授業で出てこないような教え方は、全部インチキです。だから、どれがインチキで、どれが本物かは、大学で使っている教育関係の専門書を見れば、確認できます。

直接教授法は、最も主要な英語教授法なので、英語教育関係の専門書で出てこないことはありません。と言うか、出てこなくても、デファクトスタンダード(事実上の標準)となっていて、今更、わざわざ言及されていないというぐらいの状況になっています。直接教授法が普及していないのは、日本など、一部の国だけの特殊事情です。

つまり、直接教授法で英語を学ぶかどうかは、英語の世界では、生きるか死ぬかの分かれ目ということです。昔、英語の先生で自分のお子さんを本学院に入れた人が言っていましたが、「直接教授法で英語を勉強しなければ、あなたの一生は全部だめになる。」ということです。これが直接教授法で勉強することの意味です。

ソフィア外語学院で学ぶことに意味

直接教授法で教えているのは、ソフィア外語学院だけではありません。だから、日本で他にあるかどうかは知りませんが、他でも教えているところがあるのではないかと思います。ただ、どう違うかというと、こういうところがソフィア外語学院は違います。

1.経験年数が違う。35年以上も教えている先生が運営している学校は世界的に見ても珍しいです。

2.専門的知識のレベルが違う。研究者が運営している学校は世界的に見ても、他に例を知りません。普通は、どこかで誰かに短期間のトレーニングを受けただけの人が教えています。

直接教授法は、教える人の技能のレベルや知識のレベルで結果が大きく違ってきて、先生の教授技術や知識が豊富なほど、効果が高くなる傾向にあります。だから、恐らく最も経験豊富なソフィア外語学院で学ぶのが、結果として、最高の効果を引き出すと考えられます。

具体的な他の学校との比較データはありませんが、こういうデータを見れば、予想が付くと思います。

まとめると・・・

だいたい以上ですが、英語を学ぶのは大変時間と労力のいることであると言う点と、そのためにちゃんと勉強しないとだめだということ、大半の人はテストで点が取れるだけの人なので、脱落すると言う点、直接教授法が効果をもたらす唯一の方法である点を理解していただければいいかと思います。

関連ページ:
教師によって教育効果は大きく違う(教育論説集)