高2でTOEIC735点

2019年6月に実施のTOEICで、高校2年生(愛知高校)のSetoguchi Osha君が735点という高得点を取りました。

過去には、亀井梢(明和高校)さんが高2で910点を取りましたが、それに次ぐ快挙です。ちなみに、彼女は高1で700点取りました。高3では955点を取りました。

東大の文一に合格した中村美保さん(旭丘高校)が、高3の6月に740点を取っているので、Setoguchi君も東大合格コースに乗ったような感じです。ただ、Setoguchi君は学力がかなり低いので、このままでは東大は厳しいです。彼は、普通に東大を受けて、楽勝で合格するような頭脳はありません。中学(公立)の時の内申書の成績も、平均評定が中1で3.67、中2で3.78、中3で4.0でした。だいたい、平均レベルぐらいの学力と言えると思います。どちらかというと、スポーツマンです。プロのコーチ付きで練習していたし・・・。

このような状況なので、東大に合格できる基本的な学力を身につけてもらうようにしないといけません。今後の指導は、結構、大変なことになりそうです。

スピノザについて議論し合うレベルにどうしたら一年半で・・・と考えると頭が痛いです。

Setoguchi Osha君のTOEIC得点の軌跡(中1の4月に入学)
 ※括弧内は(リスニング/リーディング)の順です。
201612(中2) 350 (210 / 140)
201706(中3) 340 (215 / 125)
201712(中3) 490 (320 / 170)
201806(高1) 615 (365 / 250)
201812(高1) 540 (295 / 245)
201906(高2) 735 (365 / 370)

正式版のTOEICです。子供用のTOEIC Bridgeではありません。

TOEIC Bridge Testというのは、正式版のTOEICで400点が取れない子ども向けのTOEICです。ソフィア外語学院では、全員すぐに400点を突破するので、TOEIC Bridge Testは実施していません。

関連ページ:
高2でTOEIC800点を突破